保険のカタログ

ブログ紹介

HOME»  医療保険を選ぶとき

医療保険を選ぶ場合のポイント

医療保険は、生きている人が、生きるために使う保険です。
第三分野の保険と言われ、生命保険会社も損害保険会社もいくつかの商品を出しています。
だから、色々な種類の保険が出ています。
いっぱいあるのですが、お客様のご希望に100%ピッタリ合うものは、なかなかないのではないでしょうか。
自分にとって、何が(何処が)大切なポイントであるのか重点を置くところを決めましょう。
保険料が安いものが良い 高いものが良いとは限りません。

 

1. 1回の入院で何日まで補償されますか?

60日・120日・180日 制限なし
長期間補償の方が良いのでしょうが、掛金(保険料)は高くなります。

 

2. 加入の際の健康チェックは?

チェック項目の少ないものの方が入りやすいですが、保険料は高いようです。

 

3. 保険期間(保険の有効な期間)はどうなっていますか?

期間の決められているもの(10年間とか60歳までとか)や
期間を終身(一生涯)としているものもあります。

 

4. 保険料の払込期間はどうなっていますか?

終身補償でも、60歳で払込終了より終身払いの方が1ヶ月当たりの保険料は安いのですが、
収入がなくなってからの支払いを考えると…

 

5. 払込免除特約が付いていますか?

「ある病気になったら、以降の保険料は不要です。」なんていう保険があります。
仕事が出来なくなってしまうような病気になったら支払不要は魅力ですね。

 

6. 補償額はいくらに設定しますか?

入院1日当たり 5,000円とか 10,000円とか給付金の設定を幾らにするか迷いますね。高額にすれば保険料が高くなるし・・・・。 中には、治療費や差額ベッド代、付帯費用、交通費等の実費を払ってくれる保険や、先進医療(健康保険不適用)の費用を払ってくれる保険もあります。色々検討してみましょう。

 

7. ガン保険など、病気を特定している保険は保険料が安いでしょう

他の病気でも支払ってもらえる保険との組合せもいいかもしれません。

 

8. その他、様々な特約があります。

必要なものを選択して、いらないものは削除して、安くすることもできます。
使えない保険は安くても、結局は高い買い物になりかねません。よく比べて、選びましょう。